本文へスキップ

こちらは「働く方」専門のHpです 竹谷総合法律事務所の総合HPはこちらから


2022.11 Never give up!  
 外資系企業対策専用メール予約 電話予約 03-5784-2214
 弁護士が「ベストな方法」を助言します 

IMPORTANT TOPIC
 パッケージの獲得目標  ・・・ピンチをチャンスに変える
 弁護士とのチームワーク ・・・チームワークの基本は,信頼関係・情報共有・役割分担の3つ
 
退職勧奨の基本  ・・・・・・・・・退職勧奨の基本は、「知識」「意志」「技術」
 PIPに対する心構え ・・・・・・・・・「原因」「現状」を分析し,「対策」を考える
 退職勧奨の本質 ・・・労働者には、退職するか否かを決定する自由があります


1. 原因
 外資系企業のロジック 
  日本の労働者は、日本の法律によって保護されています。
 外資系の退職勧奨についてお悩みの方へ
  弁護士に盾になってもらう
 なぜ外資に退職勧奨が多いのか?
  外資系の会社では、そもそも終身雇用という発想がありません
 外資系退職勧奨の3つの理由
  @直属の上司の感情的理由,A労働者のパフォーマンスの低さ,B本社の組織再編の指示.

2. 心構え

 退職勧奨に備える 
  「退職勧奨は自分とは関係ない」は、バイアスです。
 パッケージ交渉のポイント 
  タフな交渉力が必要です
 退職勧奨をチャンスに変える 
  退職勧奨はピンチではありません
 退職勧奨の基本
  退職勧奨の基本は、「知識」「意志」「技術」
 退職勧奨の構造
  退職勧奨は交渉すべきケースです
 退職勧奨される前に知っておくべき心の準備
  突然始まる退職勧奨に、備える!
 退職勧奨でチャンスを生かせない人
  退職勧奨されれば、会社を退職するのが当然だと思っている人
 退職勧奨で成功する人
  パッケージ(特別退職金)をたくさん獲得する人とは
 パワーハラスメントに対する心構え
  内容証明で、パワハラの中止を強く申し入れる
 退職しなければ、解雇すると言われた場合
  解雇有効のハードルは高い 法律に基づいて堂々と交渉する
 自宅待機命令に対する心構え
  「自分のプライドを守る」という強いメンタルをもつ
 退職勧奨で成功する方法
  ファイティング・スピリットと交渉術
 退職勧奨のプロセスの問題点
  プロセスに問題点があると、条件交渉が有利になる
 外資系企業のいいなりにならない
  日本社会では,外資系の社風よりも,日本社会の文化の方が優先する!
 退職勧奨に対する心構えのプロセス
  @否認,A怒り,B弁護士交渉による取引,Cストレスの軽減,D納得できるパッケージの獲得
 退職勧奨とメンタルへルス
  メンタルヘルスを守る方法
 本人交渉の弱点
  疑問に苦しみ,チャンスを見逃してしまいます
 退職勧奨でパッケージを得るための心得 
  知識面、テクニック面、メンタル面の3つの観点
  試用期間と解雇 
  試用期間のリスクマネジメントをする
 

3. 初期対応
 退職勧奨されたときの弁護士相談の重要性 
  自分に対する退職勧奨は、ノーマルなケースなのか?
 解雇の基本 
  解雇に対する構えをする 
 退職勧奨の本質
  労働者には、退職するか否かを決定する自由があります 
 外資のロジックに反論する
  会社の論理に惑わされない
 退職勧奨の話法に対する切り返し
  「退職しません。仕事を見つけるのは会社の仕事です。」と切り返す
 パッケージの獲得目標
  ピンチをチャンスに変える
 パッケージ交渉での弁護士の長所
  労働者のメンタル面をバックアップすることができます
 退職勧奨の兆候
  退職勧奨の兆候が見られたら,対策を!
 外資系に退職勧奨されたら,まず見極めるべきこと
  単なる打診か?必ず退職させるという決定事項か?
 外資系の会社と退職勧奨
  外資系の会社から退職勧奨をされたら,まずどうしたらよいか?
  退職勧奨の戦術
  直ちに準備を開始すること
  退職勧奨における戦略
  毅然として,退職の意思はありませんと回答するべき!
 退職勧奨と解雇
  解雇が有効となる理由を質問し,回答を求めるべき
 外資系とロックアウト
  ロックアウトされた場合の対抗手段
 退職勧奨とSWOT分析 
  強みを自覚し、弱みを補強する
 取締役が会社から辞任を迫られたらどうするか
  泣き寝入りせず,特別退職慰労金の交渉をすべき!

4. パッケージ交渉
残業代請求  外資系の退職勧奨のQ&A
  外資系の退職勧奨についての疑問にお答えします
 弁護士とのチームワーク
  チームワークの基本は,信頼関係・情報共有・役割分担の3つ
 労働審判を活用する
  労働審判という手段を活用して強気で交渉すべき
 退職勧奨されたら、プロに交渉を依頼する
  外資系企業は退職勧奨をするときはパッケージを支払うのは当然と考える
 退職勧奨の相談と準備
  弁護士との面談の際に用意していただきたいものリスト
 弁護士が必要な外資系の方
  問答無用で退職を迫られたら・・・
 弁護士に依頼するメリット
  会社からの圧力を回避することができる
 退職勧奨に弁護士が交渉することのメリット
  シビアな交渉によるストレスを感じないですむ,自分の内心を会社側に悟られないetc.
 交渉のスケジュール
  弁護士は,会社に内容証明郵便で交渉を受任したことを通知
 外資系退職勧奨で弁護士が作成する合意書の威力
  合意書の名誉信用の侵害禁止条項等により,交渉成立後は安心して転職先で活動できます

5. PIP

残業代請求  PIPのQ&A
  PIPについてよくあるご質問をまとめました
 PIPに対する準備  
  PIPを乗り切るために専門家とチームを組む

 PIPに対する心構え
  「原因」「現状」を分析し,「対策」を考える
 PIPの対処法
  異議を述べ,証拠を残すべきです
 PIPリストラ
  不当なPIPには,弁護士に依頼し撤回を申し入れる
 PIPと弁護士交渉
  PIPがリストラの手段となっている場合には,弁護士に交渉依頼を

バナースペース


外資系企業対策専用メール予約
弁護士が「ベストな方法」を助言





竹谷総合法律事務所

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-10-6
恵比寿ツインズ401

TEL 03-5784-2214
FAX 03-5784-2215

竹谷総合法律事務所の総合HP